Lakubiの副作用についてなど、疑問にお答えします

Lakubi

Lakubi(ラクビ)はすごく人気だから、試してみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

でもLakubiは体の中に摂り入れるモノだから、副作用などが気になりますよね。

この記事では、Lakubiの副作用についてなど、よくある質問・疑問の答えをご紹介しますね。


↓↓初回500円・送料無料ではじめられる公式サイトはこちらです↓↓
LAKUBI(ラクビ)

Lakubiは、基本的には副作用の心配なし!

○マークの旗を持つ女性

結論から先に書くと、Lakubiは副作用の心配をせず、安心して飲めるといえそうです。

安心して飲める理由は、
  • 薬ではなく健康食品(サプリメント)
  • 注意すべき成分は配合されていない
  • 口コミを見ても、「体に悪い影響を感じた」という意見は見当たらない
の3つです。

一つずつご紹介しますね。

体にうれしい成分を補うサプリです
薬の場合は、どうしても副作用の問題がつきまといます。

でもLakubiは健康食品(サプリ)で、体に必要な成分・体にうれしい成分を補うモノです。

そのため基本的には、摂ったからといって体に悪い影響が出る可能性は低いです。

注意すべき成分は配合されていない
たとえばバストアップサプリのとある定番成分は、健康被害の報告があるとして、注意喚起がされています。

でもLakubiの場合は、注意が必要な成分は配合されていません。

「体に悪い影響を感じた」という口コミは見当たらない
たくさんの方々の口コミを見てみましたが、「体に悪い影響を感じた」という意見は見当たりませんでした。

ただし、好転反応とアレルギーには注意

Lakubiは安心して飲めるといっても、
  • 好転反応
  • アレルギー
には注意する必要があります。

好転反応というのは、体の状態が急に良くなろうとしたときに、一時的に悪い結果が出ることです。

たとえばLakubiの場合、飲み始めに
  • 便秘
  • 下痢
  • 腹痛
を感じたという口コミがあります。

好転反応は一時的なもので、普通は数日〜1週間くらいでおさまります

もし異常がそれ以上つづくようなら、体質に合わない・アレルギーなどの可能性があるので、いったん飲むのを中止された方が安心だと思います。

また、アレルギーについては
  • アレルギー表示義務のある特定原材料は不使用
  • キトサンは、植物性でアレルゲンフリーの原料を使用
となっていますが、すべての方にアレルギーが起こらないとは限りません。

アレルギーが心配な方は、事前に全成分をよく確認された方が安心だと思います。

全成分・原材料

サラシアエキス(インド製造)、麦芽糖、デキストリン、酪酸菌、澱粉、ビフィズス菌乾燥原末、イソマルトオリゴ糖/ゼラチン、キトサン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、リン酸カルシウム
引用元:Lakubi公式サイト

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
公式サイト:【LAKUBI(ラクビ)】

Lakubiは中学生・高校生も飲んでいいの?効果を期待できるの?

○マークと×マークの旗を持つ女性

最初に結論から書くと、Lakubiは中学生・高校生でも安心して飲めます

ただし、
  • ダイエット目的なら、微妙
  • お通じの悩みにはおすすめ
です。

一つずつご紹介しますね。

ダイエット目的の場合
Lakubiがダイエットにうれしい効果を期待できるのは、腸内で作られる短鎖脂肪酸という成分が増えるからです。

短鎖脂肪酸にはいろんな働きがあるのですが、その中の一つに「エネルギー源を作る」があります。

短鎖脂肪酸が増えると、それだけたくさんのエネルギー源が作られます。

つまり、効率よくエネルギーに変えられて消費されるようになります

その結果、ダイエットにつながるんです。

でも中学生・高校生のころって、もともと代謝がいいですよね。

なので、代謝が落ちてくる年齢の方だと効果を実感しやすいですが、もともと代謝がいい中高生の場合は、効果を実感しにくい可能性があります

もちろん、短鎖脂肪酸が増えて困ることはないですけど……。

お通じの悩みの場合
上でご紹介したように、Lakubiは短鎖脂肪酸を増やしてくれます。

そして短鎖脂肪酸には、「腸を刺激してお通じをうながす」という働きもあります。

口コミを見てみると、10代の方から年配の方まで、お通じの悩み解消についての満足度は高いです。

詳細・ご購入はこちらからどうぞ
公式サイト:【LAKUBI(ラクビ)】

妊娠中・授乳でも飲んでいいの?

○マークの旗を持つ女性

結論から書くと、Lakubiは妊娠中・授乳中の方でも安心して飲めます

理由は、
  • 妊婦さん・授乳中の方が注意すべき成分は配合されていない
  • 口コミを見ても、体への悪い影響を感じたという意見は見当たらない
の2つです。

たくさんの口コミを確認してみましたが、妊娠中・授乳中の愛用者さんも多く、問題なく飲めているという意見ばかりでした。

ただし、メーカーとしては
ご心配な場合は、お飲みいただく前に専門医にご相談されることをおすすめします
だそうです。

どんな成分が入ってるの?

Lakubiの成分

Lakubiには、ダイエットやお通じの悩みにうれしい短鎖脂肪酸というのを増やすための成分などがたっぷり配合されています。

一つずつご紹介しますね。

短鎖脂肪酸とは?

Lakubiに配合されている成分をご紹介する前に、まずは短鎖脂肪酸という成分についてご紹介しますね。

短鎖脂肪酸というのは、私たちの腸の中で、一部の善玉菌によって作られます。

短鎖脂肪酸は腸内環境の改善とお通じにうれしい成分で、
  • 悪玉菌の殺菌・静菌(悪玉菌が増えにくくする)
  • 脂肪が燃焼されやすくする
  • 過剰な脂肪が蓄積されるのをおさえる
  • 腸壁を刺激して、お通じをうながす
  • 腸管バリア機能の向上(細菌やウイルスが腸から侵入するのを防ぐ)
などの働きがあるとされています。

つまり、ダイエットやお通じの悩みにすごく大切な存在なんですね。

短鎖脂肪酸を作る酪酸菌

短鎖脂肪酸は、腸の中で、一部の善玉菌によって作られます。

Lakubiには、短鎖脂肪酸を作る善玉菌の一種である酪酸菌が、1粒に1700万個も配合されています。

善玉菌のエサになるオリゴ糖

いくら善玉菌が増えても、エサがないと短鎖脂肪酸は作れません。

Lakubiには、善玉菌のエサになるオリゴ糖も配合されています。

そのおかげで、効率よく短鎖脂肪酸が作られます。

定番の善玉菌ビフィズス菌も配合

腸内環境の話題では定番のビフィズス菌も配合されています。

Lakubiのビフィズス菌はただのビフィズス菌じゃなくて、森永乳業が40年かけて開発した『ビフィズス菌B-3』というのが配合されています。

悪玉菌をおさえるサラシアエキス

短鎖脂肪酸にも悪玉菌をおさえる働きがありますが、Lakubiにはさらに、悪玉菌をおさえてくれるサラシアエキスも配合されています。


まとめ

以上、Lakubi(ラクビ)の副作用などについてなど、よくある質問・疑問とその答えをご紹介しました。

 

Lakubiは、基本的には副作用(体への悪い影響)を心配せず、安心して飲めるといえそうです。

 

ただし一時的に、好転反応で便秘・下痢・腹痛などを感じる場合があります。
好転反応は一時的なものなので、数日〜1週間くらいでおさまります。
もしそれ以上つづく場合は、いったん飲むのを中止された方が安心だと思います。

 

また、配合成分はアレルギーにも配慮されていますが、すべての方にアレルギー症状が出ないとは限りません。
アレルギーが心配な方は、事前に全成分をよく確認された方が安心だと思います。

 

↓↓初回500円・送料無料ではじめられる公式サイトはこちらです↓↓
LAKUBI(ラクビ)

 

 

ほかのページではLakubi(ラクビ)を売ってる場所や口コミなどもご紹介しているので、ぜひそちらも参考にしてみてくださいね。